2021-2022年のインフルエンザについて

2020年より新型コロナウイルス感染症(COVID-19 )の世界的大流行が継続しています。インフルエンザとの同時流行が発生した場合には、複雑な発生動向を辿ることへの懸念や、発熱時における受診の流れにも一層の注意が必要な状況が考えられます。季節性インフルエンザのウイルスには、2系統のB型の4つの種類があり、いずれも流行の可能性があり、全ての年齢の方がインフルエンザに注意する必要があります。

2021-2022年のインフルエンザについて

予防接種について

インフルエンザワクチンの予防接種には、「発症を抑える」「重症化を防ぐ」の2つの効果が期待できます。ワクチンは接種してから効果が出るまでに約2週間かかり、その効果は約5ヶ月間持続するとされます。ワクチン接種をお考えの方は12月中旬までに接種を終えることをお勧めします。

※コロナワクチン接種後2週間以上間隔をあけて接種をお願いします。

料金

13歳以上の方…4,000円
生後6ヵ月~12歳の方…3,500円×2回

予約制となっておりますので、早めにお申込みください。

お申込みは必ずお問い合わせフォームよりお願いします。